施工方法

表札の各タイプごとの取付方法をご案内いたします。

Aタイプ(両面テープ・接着剤での取付)

取付手順1
表札の裏面に両面テープを貼ります。これは接着剤(別売)が硬化するまでの仮止めになります。
取付手順2
接着剤(別売)を塗ります。壁面にもはみ出さない様に接着剤(別売)をなじませます。
取付手順3
表札が水平になる様に注意しながら圧着します。

Bタイプ(接着剤での取付:ドリルで下穴を仮固定する場合)

取付手順1
表札の取り付け位置を決め振動ドリルなどで深さ1cm程度の穴を開けます。
開けた穴に引掛け用の木片・割りばしなどを差し込みます。
表札の裏面と壁面に接着剤(別売)を塗ります。
引掛け用木片に表札を引っかけて圧着します。

Cタイプ(付属のボルトでの取付)

取付手順1
付属しておりますボルトを表札裏面にセットします。そのまま取付位置にあてがいボトルの位置に下穴用の印を入れます。振動ドリルなどで深さ25~30mm直径6mmの下穴を開けます。
取付手順2
開けた下穴の中の「ケズリ粉」等を綿棒などで取り除き、細い棒等を使って下穴の中に接着剤(別売)を塗り込みます。ボルトにも接着剤(別売)を塗り下穴の中に差し込みます。ベース板有タイプの場合はベース板裏面にも接着剤(別売)を塗ります。

Dタイプ(付属ボルトと接着剤での取付)

取付手順1
付属のボトルと本体を接着します。そのまま取付位置にあてがいボトルの位置に下穴用の印を入れます。取り付け場所に5φの穴を開けます。 (深さ25~30mm)
取付手順2
振動ドリルなどで深さ25~30mm直径5mmの下穴を開けます。表札の裏面に接着剤(別売)を塗ります。
取付手順3
壁面にもはみ出さない様に接着剤(別売)をなじませます。下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

Eタイプ(スタッド金具での取付:壁面に凸凹がある場合)

取付手順1
表札の裏面にスタッド金具(別売)を付けます。
そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。
取付手順2
振動ドリルなどで深さ25mm~30mm直径の5mm~5.5mmの下穴を開けます。
取付手順3
表札の裏面に接着剤(別売)を塗ります。
取付手順4
壁面にもはみ出さない様に接着剤(別売)をなじませます。下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

Fタイプ(ボルトと接着剤での取付)

取付手順1
表札の取付位置を決め、実際に表札をあてがい裏面のボルトの位置に下穴用に印を入れます。
(ボルトが別パーツの場合ボルトをセットしてください。)
取付手順2
その位置に振動ドリルなどで深さ25mm~30mm直径の6mmの下穴を開けます。
取付手順3
開けた下穴の中の削り粉などを綿棒などで取り除きます。下穴に接着剤(別売)を塗ります。
取付手順4
細い棒などを使って下穴の中に接着剤(別売)を塗り込みます。ボルトにも接着剤(別売)を塗っておきます。
取付手順5
ボルトを下穴の中に差し込みます。

Gタイプ(セットアップ金具での取付)

取付手順1
サインボードを取付位置にあてがいセットアップ金具部に印を入れます。
印部に皿ネジで座金を取り付けます。
取付手順2
壁面がコンクリート等の場合は、印部を振動ドリル等で下穴をあけカールプラグを差し込みます。
取付手順3
座金部にセットアップ胴部をセットします。
取付手順4
セットアップ胴部のボルトに樹脂ワッシャを入れサインボードをボルトにひっかけます。
取付手順5
樹脂ワッシャを入れてキャップでしっかり固定します。

Hタイプ(両面テープでの取付)

取付手順1
表札の裏面に両面テープを貼ります。そのまま表札取付位置にあてがいを圧着してください。
※取付壁面に凹凸や特殊コーディング等がある場合、両面テープが機能しない場合があります。ご注意ください。
施工にあたってのご注意

外壁に凹凸面が大きいような場合は、施工業者、工務店などにご依頼いただき取り付け下地を作っていただくことをお勧めします。
壁面に大きな凹凸や特殊コーティングがある場合、両面テープや接着剤が機能しない場合があります。ご注意下さい。
上記の施工方法は推奨一例です。壁の状況などによっては取り付け方法が異なる場合があります。お客様ご自身による取り付けが困難と思われる場合には、施工業者などにご依頼されることをお勧めします。

最近見た商品

Copyright 1998-2018 Hankoya.com, Inc.