データ入稿 ステンレス表札 幅150×高さ150×厚み1mm(PL-DATA-S-150-150)

データ入稿 ステンレス表札 幅150×高さ150×厚み1mm(PL-DATA-S-150-150)
データ入稿 ステンレス表札 幅150×高さ150×厚み1mm(PL-DATA-S-150-150)
データ入稿 ステンレス表札 幅150×高さ150×厚み1mm(PL-DATA-S-150-150)
データ入稿 ステンレス表札 幅150×高さ150×厚み1mm(PL-DATA-S-150-150)
翌営業日出荷 送料無料
  • 正方形
  • 屋内推奨
  • データ入稿
通常出荷予定日
2022年12月09日(金)(翌営業日出荷)
販売価格
8,070(税込)
+80ポイント還元

基本情報

商品ID PL-DATA-S-150-150
メーカー品番 PL-DATA-S-150-150
サイズ 幅150×高さ150×厚み1mm
重量 約180g
ベース素材

ステンレス

納期 翌営業日出荷
在庫 在庫あり

作成情報

印字方法

レーザー焼き付け加工

文字カラー ダークグレイ
取付方法
  • ステンレスプレートにレーザーマシン焼き付け加工にてお名前入れをいたします。書体カラーはアッシュなダークグレイ。
  • こちらの商品は屋根のある場所での使用を前提にしています。屋外で使用する場合、もらい錆などがつくことがございますのでご注意ください。

【ステンレス表札のもらいサビについて】
ステンレスというと一般には錆びない金属のイメージがあると思いますが、正確には「錆びにくい金属」という表現が適切です。
もらいサビの原因としては、土砂、ほこり、鉄粉等の付着による汚れ、自動車の排気ガス、
海岸地帯の潮風や塩分を含んだ雨水等、いろいろな環境による汚れが考えられます。
お手入れとして定期的に湿らした布でお拭きいただき、汚れがひどい部分には中性洗剤を使用ください。
錆が発生してしまった場合には研磨方向に沿って市販のステンレス用クレンザー等で磨いてください。
(必ず一部で試し磨きをしてから全体を磨いてください。印字面については、強く磨くことで色剥がれの原因となりますのでご注意ください。)

入稿データの作成について

  • デザインデータは必ずAdobe Illustratorで作成し「Adobe Illustrator(*.AI)形式」で保存してください。
  • Microsoft Word・Excelなどで作成したデータや画像データ(jpg、gif等)はご対応できません。
  • 商品毎に入稿用のひな型ファイル(.ai)をご用意しております。
    データ不良などによる再入稿を防ぐ為、可能な限り上記ひな型ファイルをご利用ください。
    データ作成時、欠けては困る文字などはブルーの枠からはみださないように作成ください。
  • デザインデータのカラーモードは、RGBカラーで作成ください。
    イラストレーターの「ファイル」→「書類のカラーモード(ドキュメントのカラーモード)」より「RGBカラー」に チェックが入っていることでご確認いただけます。
  • デザイン作成時のカラーは黒(RGB各値共に0)と白(RGB各値共に255)の2色で作成ください。
    黒い部分がお名前などを彫刻する箇所となり、白い部分がステンレスまたはチタンの素材の色になります。
  • グラデーションなど上記黒・白以外のご対応はできません。
  • 文字は8ポイント以上が推奨になります(※明朝体は10ポイント以上推奨)。8ポイント以上でも画数が多く、また細い文字は再現できない場合があります。
  • 文字データは必ずアウトライン処理を行ってください。
  • 罫線の太さは0.75pt以上。(黒ベタの中の白抜き線は、細くなる傾向にある為、1pt程度にすることをお勧めいたします。)

データ入稿 ステンレス表札の取付方法

Aタイプ:両面テープと接着剤による取り付け方法(壁面に穴を開けられない場合)

取付手順1
①表札の裏面に両面テープを貼ります。これは接着剤が硬化するまでの仮止めになります。
そして中央部に接着剤(別売)を塗り、ヘラなどで伸ばします。
取付手順2
②壁面にもはみ出さない様に接着剤を塗り、なじませます。
接着剤はなるべく中央付近に塗っておきます。
取付手順3
③両面テープのシートをはがし、表札が水平になる様に注意しながら圧着します。

養生テープで仮固定すると落下の心配がありません。(接着剤は約1日で硬化します。)
  • 養生テープを貼る場合は、文字やデザイン部にかからないようにしてください。

Eタイプ:スタッド金具と接着剤による取り付け方法(壁面にでこぼこがある場合)

取付手順1
【事前準備】
壁に凹凸がある場合は先に接着剤で埋めておきます。

①表札の裏面にスタッド金具(別売)を付けます。
取付手順2
②取り付け位置に表札をあてがってボルトの位置に印をつけ、振動ドリルなどで深さ25mm~30mm・直径5mm~5.5mmの下穴を開けます。
取付手順3
③表札の裏面に接着剤(別売)を塗ります。
取付手順4
④壁面にもはみ出さない様に接着剤を塗り、なじませます。
下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

養生テープで仮固定すると落下の心配がありません。(接着剤は約1日で硬化します。)
  • 養生テープを貼る場合は、文字やデザイン部にかからないようにしてください。
表札の取り付けにあたってのご注意

表札を失敗なく取り付けるためには、なるべく平らな壁面を用意する必要があります。
外壁やブロック塀のでこぼこが大きい場合は、施工業者や工務店、ホームセンターなどにご依頼いただき、表札を取り付けるための下地を準備することをおすすめします。

  • 壁面に大きなでこぼこや特殊コーティングがある場合、両面テープや接着剤が機能しない場合があります。ご注意ください。
  • 上記の施工方法は推奨一例です。壁の状況などによっては取り付け方法が異なる場合があります。
    お客様ご自身による取り付けが困難と思われる場合には、施工業者などにご依頼されることをおすすめします。

ご注文方法・ご注文の流れ

表札はお客様毎にお作りする内容が異なるため、すべて受注生産をしております。
ご注文後お届けまでお日にちをいただきますのでご注意ください。

商品のご選択
ご注文
作成内容のご入力
2022年12月08日(木)
受注・製造・出荷
(翌営業日出荷)
お届け
2022年12月10日(土)

データ入稿 ステンレス表札のお客様施工事例「我が家記念日」

最近見た商品

Copyright 1998-2022 Hankoya.com, Inc.